Glanet collection|グラネットコレクション

休日は、ドライフラワーを作ろう。<ドライフラワーの作り方・飾り方講座>
ART 2018.09.13

休日は、ドライフラワーを作ろう。<ドライフラワーの作り方・飾り方講座>

Glanet collection 植物コーディネーターが教える、失敗しないドライフラワーの作り方&おしゃれなアレンジ

 

綺麗に咲いたお花に、ひと手間かけて。

ふとスケジュール帳を眺めると、お休みになにも予定が入ってない。

そんなときは、今まで興味があったけど後回しにしていたことにチャレンジしてみる、いいタイミング。

「お庭にお花が綺麗に咲いている」

「お祝いにお花をいただいたばっかり」

そんな人はぜひ、お花を美しいままドライフラワーにして、長く楽しめるよう準備をしよう。

 

プロに、上手に作るコツを聞いてみた。

シックで上品、かつ少しアートな香りのする植物インテリアを企画販売しているGlanet collection。
そこで植物コーディネーターとして活躍するTakahashi Yokoさんに、お花を上手に乾かして綺麗なドライフラワーを作るコツを聞いてみた。

 

Q.ドライフラワーに向く花材と向かない花材を教えてください。

「水分が少ない花材がドライフラワーを作るのに向いています。

茎に水分がある花材は全体の水分量が多いんです。目安は、茎を触って手で簡単に潰せてしまうようなものは、水分が多いと判断してください。

お花が長く持つものは比較的ドライにも向いています。すぐ水落ち(※)してしまうものは向いていません。

ドライフラワーに向く花材は、バラ、紫陽花、ワックスフラワー、かすみ草、千日紅、アナベル、スターチス、ユーカリ、ミモザ、ワイルドフラワー系(バンクシャやプロテアなど)などです。」(Yokoさん)

 

※水落ちとは、花の水がきれ、花びらがしんなりしてしまっている状態のこと。

 

Q、ドライフラワーを作るのに最適な環境は?

「湿度が少ない場所で、風通しがよく、直射日光の当たらない場所で乾かしてください。
できれば、2階建なら2階に、北より南などの場所で直射日光が当たらない場所がベストです。」(Yokoさん)

 

Q、乾かす前の下準備でやることはありますか?

「バラであれば棘を取っておくこと。いらない葉っぱは落として、汚れている花もあらかじめ落としましょう。」(Yokoさん)

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jane Wittrockさん(@janehornbll)がシェアした投稿

Q、乾かしている最中の注意点があれば、教えてください。

「紫陽花などお花が密集してるのであれば簡単に手ぐしをしてあげましょう。(花と花を空気を通しやすくする効果があります。)

一箇所に風や陽が当たらないように、こまめに向きを変えてあげてください。」

 

Q、早く乾かすコツは?

「自然乾燥なら、扇風機を使うと早く乾きます。」(Yokoさん)

完全にドライになるまでは、1〜2週間かかるそう。

乾いているかどうかは、葉や花を触って確かめ、乾いていたら完成!

 

 

 

ドライフラワーのオススメの飾り方。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

jiaxuan tanさん(@jiaxuan0214)がシェアした投稿

○シンプルに飾る

ドライフラワーの魅力は、生花のフレッシュさとは違った、情緒ある落ち着いた味わい。

その魅力を堪能できる飾り方として、まず試してもらいたいのが、アンティークな存在感を生かして、シンプルにガラスベースに飾る方法。

作ったからには何かしなきゃいけない!などと気負わず、まずは家にあるお気に入りのグラスやフラワーベース、形が気に入ってとって置いた調味料やお酒のビンなど、家にあるもので飾ってみよう。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

絵美梨さん(@gossipgirl_emily)がシェアした投稿

○スワッグを作って飾る

スワッグは、ドイツ語で壁飾りという意味。花や葉ものを束ね、上から吊るす形で壁に飾るのがベーシックな飾り方。

壁に飾るので、スワッグを作るときは、花や葉の束の背中側を平らに整えることが上手に作るポイント。

まずは手元で組んでみて、花材の組合せが決まったら、麻紐などをしっかりと巻きつけて縛っておく。

縛ったところに、お好きなリボンを2、3周巻き付け蝶結びで仕上げると雰囲気がランクアップ。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Glanet collectionさん(@glanet_collection)がシェアした投稿

○リースを作って飾る

乾かしたドライフラワーを手のひらサイズの小さい花材に切り分け、リースベースにワイヤーを使って巻きつけていく。

リースベースは花材を取り扱っているお店や、100円均一ショップなどで購入できる。

 

 

あなたの手から生まれるアート。ハーバリウムの世界への招待

 

○話題のハーバリウムを作って飾る。

ハーバリウムとは植物標本のこと。

生花を入れるとカビなどの原因になってしまうので、ハーバリウムを作るときは必ず完全に乾いたドライフラワーを使用すること。

ハーバリウムを作るのに必要なのは、花材の他に、蓋付きの瓶とオイル、入れた花材を調整する長めのワイヤー。

まずは一種類のお花から。慣れてきたら、複数種類を組み合わせて作ってみよう。

 

瓶(小)4タイプセット

¥1,000 (税込)

丸・四角・五角・円錐の4タイプのハーバリウム用のショートボトル。 インテリア・ハーバリウムはプリザーブ・ドライフラワーをガラスボトルに入れて、専用のオイルに浸すことで、みずみずしい状態でお花や植物を鑑賞していただける新感覚のインテリア雑貨です。 そして、そのみずみずしい状態はお手入れが不要で、1年以上持続します。

 

 

 

 

その他のドライフラワーの使い方は?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Floral Vintage乾燥花藝風格店さん(@floraltage)がシェアした投稿

○ドライフラワーと記念撮影!

ドライフラワーはinstagramでも注目度大のアイテム。

うまく乾かせたら、ぜひドライフラワーと一緒に記念撮影をしてinstagramへアップ!#ドライフラワー や #ドライフラワーのある暮らし などの人気ハッシュタグをつけて、たくさんの人に見てもらおう。

ドライフラワーは落ち着いた絶妙な色味のものが多いので、蛍光灯の光で撮影すると色がくすんで写りがち。撮影する際は自然光がたっぷり入る室内か、思い切って屋外で撮影してみよう。

 

 

7/1 麦わら帽子のGREENアレンジ・ワークショップ開催レポート@丸の内ストリートマーケット by creema

 

○帽子につけて、雰囲気を変えてみる

夏にしか使わない麦わら帽子にリボンを巻いて、小さくスワッグのように組んだ花材束を接着すれば、ガーリーな雰囲気のドラマチックな帽子に。

 

 

『草花でdrawing』

Glanet collection WORKSHOPで、なんと参加者全員から満足の声をいただいた人気のワークショップ、『草花でdrawing』。 他にはない感動体験がここにあります。

 

○ドライフラワーで絵を描いてみる

アートにチャレンジしたい方は、ドライフラワーを絵の具にして、絵を描いてみよう。

やり方は、下絵を描いたキャンバスボードに、塗り絵をするようにドライフラワーを貼っていくだけ。

ポイントは、貼る前におおよその並びをきめておくこと。

なかなかできない体験に、こどもも大人も夢中になること間違いなし!

 

多彩な使い方で楽しめるドライフラワー。

綺麗なお花をそのまま枯らしてしまうのは勿体無い、そう感じている方はぜひ、時間のある休日にドライフラワー作りに挑戦してみてはいかが。

 

 

 

花材ブーケ

¥1,080(税込)

 

 

 

花材ブーケ

¥1,080(税込)

 

 

 

花材ブーケ

¥1,080(税込)

 

 

 

花材ブーケ

¥1,080(税込)

 

 

 

花材ブーケ

¥1,080(税込)

 

 

 

花材ブーケ

¥1,080(税込)

 

 

TEXT BY MAI

二児の母。トマトを育ててます。

WRITER RELATED ARTICLESこのライターの関連記事

海外のクリスマスのような、深緑の香りを楽しむ大人のクリスマスインテリア

海外のクリスマスのような、深緑の香りを楽しむ大人のクリスマスインテリア

いよいよクリスマス本番!海外のクリスマスにインスパイアされたインテリアで本物のクリスマスを。 …

2018年 11月・12月開催。クリスマスワークショップで『ちょっと素敵なクリスマス』を作ろう。

2018年 11月・12月開催。クリスマスワークショップで『ちょっと素敵なクリスマス』を作ろう。

東京・千葉・神奈川・埼玉で開催される、クリスマス関連のワークショップ5選。 クリスマスの…

私たちが生まれたことには理由がある。「そうだ、お墓参りしよう。」

私たちが生まれたことには理由がある。「そうだ、お墓参りしよう。」

江戸中期から続く老舗『俵石材店』が挑戦する、帰りたくなるお墓づくり。 お墓参り問題 「…

RECOMMEND ITEMオススメ商品

summer swag

summer swag

¥3,150
サマースワッグ・ワークショップ 【 2019年8月3日(土) 事前申込み】@西麻布オフィス

サマースワッグ・ワークショップ 【 2019年8月3日(土) 事前申込み】@西麻布オフィス

¥4,320
仏花ハーバリウム <小瓶セット>

仏花ハーバリウム <小瓶セット>

¥4,400
テラコッタ

テラコッタ

¥300
オーダーメイド 【インテリア・ハーバリウム】

オーダーメイド 【インテリア・ハーバリウム】

¥3,500
area of verandah :オリーブ

area of verandah :オリーブ

¥3,780
story of “the COLOR”

story of “the COLOR”

¥216,000
ハーバリウム・ワークショップ 【 2019年7月20日(土) 事前申込み】@西麻布オフィス

ハーバリウム・ワークショップ 【 2019年7月20日(土) 事前申込み】@西麻布オフィス

¥2,500

RECOMMENDあなたにオススメの記事

8/3(土)港区|サマースワッグ・ワークショップ2019開催!

8/3(土)港区|サマースワッグ・ワークショップ2019開催!

夏仕様の緑をたっぷり使ったスワッグを作りたい方へ 2019年8月3日(土)東京都港区で開催される爽…

ハーバリウムとは?人気の理由と素材,使い方,注意点を解説

ハーバリウムとは?人気の理由と素材,使い方,注意点を解説

女性に喜ばれる花のギフトを探している方へ。 この記事では、「ハーバリウムって初めて聞くけど何ですか…

夏のハーバリウム作り!ハーバリウム体験教室が港区で開催

夏のハーバリウム作り!ハーバリウム体験教室が港区で開催

2019年7月20日土曜日 東京都港区で開催!透明感を生かした涼やかハーバリウムを作るワークショップ…

[プロが解説] 透明感が美しいハーバリウムの作り方 [動画あり]

[プロが解説] 透明感が美しいハーバリウムの作り方 [動画あり]

ハーバリウムを作りたい方へ。 「ハーバリウムを作るのははじめてでうまくできるか不安。」「挑戦してみ…

手作りしたい!リースの作り方に関するお悩みにプロがお答え

手作りしたい!リースの作り方に関するお悩みにプロがお答え

リース作りに興味があるけれど、なかなか一歩が踏み出せない方へ。 リース作りに関するお悩みとその答え…

ドライフラワー特集:アレンジ方法からイベントまで深掘り!

ドライフラワー特集:アレンジ方法からイベントまで深掘り!

暮らしにドライフラワーを取り入れてみたい方へ。 今人気のインテリア、ドライフラワー。ドライフラワー…

【ジューンブライドとは】そうなんだ!6月挙式のウソホント

【ジューンブライドとは】そうなんだ!6月挙式のウソホント

ジューンブライドについて知りたい方へ。 この記事では、ジューンブライドの意味・由来、6月挙式の現状…

【初夏のスワッグワークショップ】紫陽花&ユーカリスワッグ@西麻布cayto Inc.

【初夏のスワッグワークショップ】紫陽花&ユーカリスワッグ@西麻布cayto Inc.

2019/6/23日曜日開催。思わず顔がほころぶ、お洒落なスワッグを作ってみませんか? 今回の旬の…

CONTACT
PAGE TOP