Glanet collection|グラネットコレクション

東京で人気のハンドメイド教室|クリスマスリース作りイベントレポ
ART 2023.10.03

東京で人気のハンドメイド教室|クリスマスリース作りイベントレポ

クリスマスのグリーンリースを作ってみたい方向け、初心者でも簡単に作れる手作りリースワークショップの様子をレポート。

この記事を読めばフレッシュリースが作りたくなっちゃうこと間違いなし!

2023年クリスマスワークショップスケジュール

<西麻布開催>

2023年11月19日(日) 詳細はこちらから

2023年11月23日(木・祝) 詳細はこちらから

   2023年12月2日(土)詳細はこちらから

◼︎もくじ

1. クリスマスリースの由来と意味

2. 針葉樹で作るクリスマスリース

3. クリスマスリースの材料

4. どんな工程で作ったの?

5. 熟練講師が作る参加しやすい教室

6. 参加者のご感想

7. まとめ

 

海外では定番のフレッシュなクリスマスリース。日本でも近年その文化が徐々に浸透し、毎年作っているという人も多く見かけられるようになった。

今回は、人新鮮な花材を使ったリース作りを体験することができる、人気のワークショップイベントの様子をご紹介。

※画像は全て2019年開催の様子です。

1. クリスマスリースの由来と意味

皆さんのおうちではクリスマスリースを毎年飾りますか?

そもそもリースは、古代ギリシアやローマでの競技大会の勝者などにオリーブや月桂樹のリースで作った冠があたえられたことが起源とされていて、装飾用リングとして使われていたと言われています。

 

輪にして結ぶという作り方から終わりがないという意味で、「永遠」のシンボルとなっている「リース」。

海外では、使う花材によって農作物の繁栄や魔除けなどを意味が込められ、”祈り”の象徴として飾られることが多いようです。

 

ではクリスマスリースにはどのような意味があるのでしょうか?

クリスマスはキリストの生誕を祝う日です。

クリスマスリースに使う花材はイエス・キリストにまつわるものが多く、例えば、モミやマツ、ヒイラギなどの尖った葉は「神の永遠の愛」を意味し、赤い実や赤いリボンはキリストの血を表しています。

大切な人との大切な時間に感謝し、永遠に続くようにという祈りが込めながら作られるのが、「クリスマスリース」なのです。

2. 針葉樹で作るクリスマスリース

クリスマスリースといっても様々な種類があります。今回ワークショップイベントで作るのは、新鮮な緑のコニファー(針葉樹)をたっぷり使い、ポイントに赤系の実物や枝ものを配置したクリスマスリースです。

 

3. クリスマスリースの材料

花材(モミ、ヒバ、ブルーブッシュ、ブルーアイス、ユーカリ、etc)、リースベース、ワイヤー、花切りバサミを使用。

4. どんな工程で作ったの?

<主な工程>

①花材を使う大きさに切る。

②花材束を作る。

③ワイヤーで花材束をベースに固定していく。

新鮮な花材を使用する場合、ワイヤーを使って固定していくのがグラネットコレクション のこだわりです。

ワイヤーを使うと、リースに自然な立体感が生まれ、尚且つ止めている部分が目立たないため、花材が引き立ち美しく仕上がります。

時間が立ち、ドライになっていく過程も楽しんでいただきたいという想いから、少し難易度の高いワイヤーを使ったリース作りを教えています。

もちろん、花材をただ付けていけば見栄えが良くなるわけではなく、配置のコツや、進め方のポイントを講師が丁寧に解説し、一人一人とコミュニケーションを取りながら、個性のあるリースができるようサポートしています。

5. 熟練講師が作る参加しやすい教室

講師は、グラネットコレクションのフラワーデザイナーを務めるyoko先生。

上品なデザインを得意とし、明るいキャラクターと質問のしやすい雰囲気作りにファンが急増中です。

グラネットコレクションの年間ワークショップ参加者数は500名以上。

クリスマスリースのワークショップ受講者は、8割がハンドメイド初心者。年齢は小学生のお子様から60代の方まで様々な方にご参加いただいています。

6. 参加者のご感想

イベント当日にご回答いただいたアンケートより、参加者からいただいた感想をご紹介。

 

「意外にもリース作りは体力が必要だと思いました(笑)でもとっても楽しかったです。」

 

「種類豊富な材料、丁寧な指導、スタッフの方々の対応に満足です。子供と一緒に参加できたのも嬉しいです。本日はありがとうございました。」

 

「フレッシュな花材を使って作ると香りもよく、子供がクリスマスがくるのが待ち遠しく思える。」

 

「シンプルにフレッシュとワイヤーだけで作る方法が気に入りました。」

 

「困った時、積極的にお声がけいただいたので楽しく出来ました!」

 

「スタッフの方が子供たちにとても親切にサポートしていただき、子供たちも「できた」という満足感が得られた。」

 

「・先生がとてもわかりやすく教えてくださった。 ・アシスタントの方が親切に手伝ってくださいました。」

 

「材料が素敵。フレッシュな花材だったのが良かったです。」

 

「クリスマスの雰囲気を楽しめた。花材が豪華。」

 

「フレッシュリースで香りもボリューム感も大満足。良いクリスマスになりそうです。」

7. まとめ

ハンドメイド経験はあまりなく手作り初心者という方にも、もっと本格的なリースが作ってみたいという方にもご満足いただけるクリスマスリースワークショップ。

今年のクリスマスはリース作りに挑戦したい!という方はぜひグラネットコレクション のワークショップにご参加ください。

→クリスマスワークショップ最新情報はこちら

 

 

 

▼ワークショップ開催をご検討中の法人様は以下よりどうぞ▼

 ワークショップ開催 | イベント集客・講師派遣

 

 

RECOMMEND ITEMオススメ商品

Bulb Vase

Bulb Vase

¥1,100
ドライフラワーのフォトフレーム Yellow (22cm×27cm)

ドライフラワーのフォトフレーム Yellow (22cm×27cm)

¥7,150
ドライスワッグ Dryandora

ドライスワッグ Dryandora

¥4,950
フラワーベース

フラワーベース

¥¥1,650
アイアンフープリース Ivory

アイアンフープリース Ivory

¥3,850
ドライスワッグ Natural

ドライスワッグ Natural

¥8,800
ドライフラワーのフォトフレーム (22cm×22cm)

ドライフラワーのフォトフレーム (22cm×22cm)

¥7,150
キャンドルホルダー (S)

キャンドルホルダー (S)

¥1,980

RECOMMENDあなたにオススメの記事

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

「ミモザの日」ってどんな日? 本記事では、イタリアとフランスで行われるミモザのイベントやミモザの花…

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

春に人気の花「ミモザ」。ミモザの日の由来、ミモザの木の育て方、ミモザリースの作り方、ミモザのイベント…

フラワーアーティスト直伝、上手にミモザリースを作る3つのコツ

フラワーアーティスト直伝、上手にミモザリースを作る3つのコツ

ミモザリースをどうしたら簡単に上手に作れるか知りたい方へ。うまく作るコツがあれば知りたい、簡単に作れ…

春のギフト、ミモザアカシアのインテリア-育て方も紹介

春のギフト、ミモザアカシアのインテリア-育て方も紹介

春を感じるインテリアギフトを探している方へ。 これから暖かな季節を迎えるにあたり、春らしい色合いを…

【2024Spring】ミモザのワークショップ

【2024Spring】ミモザのワークショップ

1.鮮やかなイエローに元気をもらおう!可憐で愛らしいミモザの季節がすぐそこに。 冬の終わりから初春…

CONTACT
PAGE TOP