Glanet collection|グラネットコレクション

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説
GREEN 2023.01.12

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

春に人気の花「ミモザ」。ミモザの日の由来、ミモザの木の育て方、ミモザリースの作り方、ミモザのイベント情報をまとめをました。

 

▽ワークショップ開催についてはこちらをクリック!

 

 

 

▪️もくじ

1.ミモザとは
2.ミモザの名前がつくもの
3.ミモザの季節
4.ミモザの木の育て方
5.ミモザのリースの作り方
6.ミモザのワークショップ開催情報

 

1.ミモザとは

ミモザ(mimosa)とは、そもそもは現在とは違う植物をさしていた。

wikipediaの解説は、以下の通り。

オジギソウなどのマメ科オジギソウ属英語版(学名 Mimosa)の植物の総称。原義。葉に刺激を与えると古代ギリシアのミモス(mimos、パントマイムのもとになった身振り劇)のように動くことから。

フサアカシアギンヨウアカシアなどのマメ科アカシア属の植物の俗称。イギリスで南フランスから輸入されるフサアカシアの切花を”mimosa”と呼んだことから。アカシア属の葉は刺激を与えても動かないが、葉や花の様態はオジギソウ属とよく似ることから誤用された。今日ではこの意味でよく用いられる。

 ( 出展:ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典 )

現在ではもともと意味していた植物とは別種の、フサアカシアやギンヨウアカシアをさすことから、「ミモザ」と「アカシア」と混在して呼ばれるようになっている。

 

2.ミモザの名前がつくもの

<ミモザのカクテル>

オレンジジュース入りのカクテル。カクテルの色がミモザの黄色い花の色によく似ていることからこう呼ばれている。

 

<ミモザサラダ>

卵黄を粒状にし、散りばめて装飾したサラダ。黄色い粒状にした卵黄とコロコロとしたミモザの花が似ていることから呼ばれるようになった。

 

<ミモザの日>

イタリアでは3月8日の国際女性デーの時期に、ミモザを街中に飾ったり女性へ贈る習慣がある。このことに由来し、3月8日を「ミモザの日」とも呼ぶようになった。

 

→[もっと詳しく] ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

 

 

3.ミモザの季節

ミモザの開花時期は2月下旬頃〜4月中旬頃。

ゴスペラーズの「ミモザ」という曲の中に「ミモザの花の季節」という表記があるが、その季節はこの初春の季節を表現していると思われる。

 

長かった冬が終わり、春の息吹を感じる頃に黄色の花をつけるので、春の暖かさを感じる花として多くの人に愛されている。

→[もっと詳しく]鮮烈な黄色が放つ陽気なパワー。ミモザのリースで心もインテリアもリフレッシュ

 

 

4.ミモザの木の育て方

ミモザアカシアは比較的育てやすく、庭木に人気のある植物。

大きく育つと10mくらいの大きさまで成長し、銀灰色の葉が生い茂る美しい姿を楽しめる。また、常緑の植物で、1年中銀灰色がかった綺麗な葉を見る事ができるのも特徴。

庭植えは用土に腐葉土を混ぜ込み、水はけの良い場所を選ぼう。

→[もっと詳しく]春のギフト、ミモザアカシアのインテリア-育て方も紹介

 

 

5.ミモザのリースの作り方

ミモザのリースを作りたい方は以下のポイントを参考に。

上手に作るポイントは3つ。

—————

1 ワイヤーを使って作る

2 ミモザの下処理をする

3 バランスはテーブルの上で見ない

—————

3つのポイントについて詳しくは以下の記事で解説。

→[もっと詳しく]フラワーアーティスト直伝、上手にミモザリースを作る3つのコツ

 

 

 

6.ミモザのワークショップ開催情報

ミモザのインテリアが作れるワークショップの開催予定は以下でご紹介。

 

▽ワークショップ開催についてはこちらをクリック!

 

生のミモザと出会えるのは初春の時期だけ。

ワークショップに参加して、この季節にしかない花との出会いを楽しもう。

 

 

 

RECOMMEND ITEMオススメ商品

Bulb Vase

Bulb Vase

¥1,100
ドライフラワーのフォトフレーム Yellow (22cm×27cm)

ドライフラワーのフォトフレーム Yellow (22cm×27cm)

¥7,150
ドライスワッグ Dryandora

ドライスワッグ Dryandora

¥4,950
フラワーベース

フラワーベース

¥¥1,650
アイアンフープリース Ivory

アイアンフープリース Ivory

¥3,850
ドライスワッグ Natural

ドライスワッグ Natural

¥8,800
ドライフラワーのフォトフレーム (22cm×22cm)

ドライフラワーのフォトフレーム (22cm×22cm)

¥7,150
キャンドルホルダー (S)

キャンドルホルダー (S)

¥1,980

RECOMMENDあなたにオススメの記事

ミモザリース&スワッグ作ろう!東京都内でハンドメイド体験レポ

ミモザリース&スワッグ作ろう!東京都内でハンドメイド体験レポ

ミモザ リース・ミモザ スワッグを作ってみたい方向け。初心者でも簡単に作れる手作りリースワークショッ…

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

「ミモザの日」ってどんな日? 本記事では、イタリアとフランスで行われるミモザのイベントやミモザの花…

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

春に人気の花「ミモザ」。ミモザの日の由来、ミモザの木の育て方、ミモザリースの作り方、ミモザのイベント…

フラワーアーティスト直伝、上手にミモザリースを作る3つのコツ

フラワーアーティスト直伝、上手にミモザリースを作る3つのコツ

ミモザリースをどうしたら簡単に上手に作れるか知りたい方へ。うまく作るコツがあれば知りたい、簡単に作れ…

春のギフト、ミモザアカシアのインテリア-育て方も紹介

春のギフト、ミモザアカシアのインテリア-育て方も紹介

春を感じるインテリアギフトを探している方へ。 これから暖かな季節を迎えるにあたり、春らしい色合いを…

CONTACT
PAGE TOP