Glanet collection|グラネットコレクション

季節は夏から秋へ。秋をめいっぱい愉しむために知っておきたい、秋に咲く花 ー前編ー
GREEN 2018.08.27

季節は夏から秋へ。秋をめいっぱい愉しむために知っておきたい、秋に咲く花 ー前編ー

夏が終わってちょっとセンチメンタルなあなたへ。

 

 

 

k.yoshidaさん(@snou_man)がシェアした投稿

さようなら、夏。こんにちは、秋。

朝や夕方、窓を開けると心地よい風。

昼もじっとりした暑さからだんだんと解放され、猛暑の気配がおさまりつつある。

暑すぎて出かける気にならない中でなんとかプールだけは行ったなぁとか、かき氷何回食べたかなぁとか、台風でバーベキュー中止になっちゃったなぁとか、夏の出来事に思いを馳せながら空を見ると、そこには綺麗な夕焼け。

そして、どこからともなく甘い香りがしてきたら、季節はもう秋だ

 

あたりに漂う甘い香りの正体は、そう。キンモクセイの香り

ああ、いい香りだと思うと同時に、なんだかちょっと切なくなるのはなんでだろう。

秋の花にはきっと、センチメンタリズムを誘う何かしらの効果があるに違いない。

 

 

 

yamashita fuhitoさん(@yamapp)がシェアした投稿

秋の花01:キンモクセイ(金木犀)

日本三大香木の一つ、キンモクセイ 。

直径1cmにも満たない可愛らしいオレンジ色の小花が一斉に咲くと、甘く芳しい香りがあたりに広がり、秋の訪れを教えてくれる。

 

 

nanamiさん(@nanako989870)がシェアした投稿

大きめの枝をエントランスに飾ったり、ひと枝を枕元に飾ったりして香りを楽しむのもいいけど、今話題なのは『キンモクセイシロップ』。ご存知だろうか?

 


<キンモクセイシロップの作り方>

①キンモクセイの花・砂糖・桂花陳酒を、キンモクセイ:砂糖:桂花陳酒 = 1:2:2の量で用意。

 

②キンモクセイの花は枝から外し、きれいに洗っておく。花は咲き切ったものよりも咲きかけの方が香りが強いので、咲きかけの花を準備。

 

③シロップを作る。鍋に桂花陳酒と砂糖を入れ、中火程度で温めながら砂糖を溶かす。

 

④砂糖が完全に溶けたら、キンモクセイの花を入れる。香りが飛んでしまわないように、一煮立ちしたら火を止める。

 

⑤シロップが冷めたら、煮沸消毒済みの保存瓶へ移し、冷蔵庫へ。一週間で使い切るようにする。


 

簡単に手作りができるので、キンモクセイの香りが好きな人はぜひ、秋を味わってみてほしい。

 

 

 

Sa-ya.さん(@little_lic)がシェアした投稿

秋の花02:ネリネ(ダイヤモンドリリー)

ネリネは、花弁がキラキラと光を反射する様子から、別名ダイヤモンドリリーとして知られる。

花持ちがいいことから、アレンジメントや切り花として人気。

ぜひお部屋に飾って、高貴で気高い雰囲気を味わって。

 

 

mntさん(@m.to.t)がシェアした投稿

お気に入りのジャム瓶を使って飾ればカジュアルにも楽しめる。瓶は複数個用意して、統一感を持たせるのが◎。

 

 

 

id-flowerさん(@id.flower2018)がシェアした投稿

秋の花03:ポットマム(スプレー菊、スプレーマム)

一本の茎にいくつも花がつき、華やかな印象のポットマム。花言葉が『高貴な愛』なのでブーケ用や切り花として人気。

 

 

翠桜さん(@suioh_sogetsu)がシェアした投稿

濃いグリーンの葉っぱと合わせると、より一層花の色が引き立つ。器にもこだわってみて。

 

 

 

emi_photoさん(@emi_photo0908)がシェアした投稿

秋の花04:コスモス

『kosmos=美しい』というギリシャ語に由来する名前を持つ、コスモス。

ピンク色のイメージが強いが、白や紫、茶色のコスモスも存在し、秋の訪れを感じる代表的な花として広く親しまれている。

関東では東京都立川市の国営昭和記念公園、千葉県佐倉市の佐倉フラワーフェスタなどで一面に咲くコスモスが鑑賞できる。

秋の休日に家族や恋人とお出かけして、秋を満喫してみてはいかが?

 

 

HOUSE-UP+さん(@house_up_plus)がシェアした投稿

茎の細いコスモスは本数を多めに切って、大きいベース(花瓶)に。ベースの中に入る部分の葉っぱは削ぎ落として、スッキリさせておくと良い。

 

 

 

hazureさん(@hazure.0)がシェアした投稿

秋の花05:シコンノボタン

シコンノボタンは1日花。朝咲いて翌日には散ってしまう。ベルベットのような質感で、鮮やかな紫色が美しい。蕾の状態から楽しもう。

 

 

@dgrmgraがシェアした投稿

泰山木(タイサンボク)の葉裏の綺麗な茶色を背景に、シコンノボタンの紫を引き立てるアレンジ。

 

ちょっと切ない秋の風景を切り取って、部屋の中へ取り入れればお部屋も一気に秋色に。

秋を彩る花はまだまだたくさん。

引き続き後半でも紹介していくのでお楽しみに。

TEXT BY MAI

二児の母。トマトを育ててます。

WRITER RELATED ARTICLESこのライターの関連記事

【Xmasリース ワークショップ】アイアンフープリース/2020

【Xmasリース ワークショップ】アイアンフープリース/2020

プリザーブドのコニファー(針葉樹)を使った長持ちするクリスマスリースのワークショップ  1 …

海外のクリスマスのような、深緑の香りを楽しむ大人のクリスマスインテリア

海外のクリスマスのような、深緑の香りを楽しむ大人のクリスマスインテリア

いよいよクリスマス本番!海外のクリスマスにインスパイアされたインテリアで本物のクリスマスを。 …

2018年 11月・12月開催。クリスマスワークショップで『ちょっと素敵なクリスマス』を作ろう。

2018年 11月・12月開催。クリスマスワークショップで『ちょっと素敵なクリスマス』を作ろう。

東京・千葉・神奈川・埼玉で開催される、クリスマス関連のワークショップ5選。 クリスマスの…

RECOMMEND ITEMオススメ商品

RECOMMENDあなたにオススメの記事

【Xmasリース ワークショップ】アイアンフープリース/2020

【Xmasリース ワークショップ】アイアンフープリース/2020

プリザーブドのコニファー(針葉樹)を使った長持ちするクリスマスリースのワークショップ  1 …

東京で人気のハンドメイド教室|クリスマスリース作りイベントレポ

東京で人気のハンドメイド教室|クリスマスリース作りイベントレポ

クリスマスのグリーンリースを作ってみたい方向け、初心者でも簡単に作れる手作りリースワークショップの様…

【海外イベント】フランスのクリスマスに欠かせないもみの木、そのいわれとは?

【海外イベント】フランスのクリスマスに欠かせないもみの木、そのいわれとは?

フランス人にとってクリスマスとは、家族が一同に揃う1年のなかでもとりわけ重要な一大イベントだ。そして…

クリスマスはもうすぐ!ナチュラル素材で海外スタイルにツリーをデコレーション。

クリスマスはもうすぐ!ナチュラル素材で海外スタイルにツリーをデコレーション。

クリスマスには欠かせないツリー。今年はいつもと雰囲気を変えて、ナチュラル素材を使ったオーナメントで海…

【秋に映える】アイアンフープリースのワークショップ on 9/26(土) 西麻布&オンライン

【秋に映える】アイアンフープリースのワークショップ on 9/26(土) 西麻布&オンライン

文化の秋・芸術の秋。 秋の訪れをいち早くインテリアに取り入れて。ドライフラワーとゴール…

夏の最強GREENアイテム、Swag(スワッグ)をゲットしよう!

夏の最強GREENアイテム、Swag(スワッグ)をゲットしよう!

Swag(スワッグ)ってそもそもどんなもの?どんな風に使うの?? ▼エクリュカラーのド…

-リースワークショップ- 親子で作る 夏休みミニリース/2020 東京&オンライン

-リースワークショップ- 親子で作る 夏休みミニリース/2020 東京&オンライン

自宅から参加できる夏休み制作。生成色の花材と自然を感じるモチーフで、夏のひとときのようなリースを作り…

-スワッグワークショップ- 夏のリラクシーなアイボリースワッグ/2020 東京&オンライン

-スワッグワークショップ- 夏のリラクシーなアイボリースワッグ/2020 東京&オンライン

2020年夏のテーマは「エクリュカラー」。 ”エクリュ”とはフランス語で「生成り色」のこと。 未…

CONTACT
PAGE TOP