Glanet collection|グラネットコレクション

6月12日は恋人の日 おすすめのプレゼントは?
GREEN 2022.05.20

6月12日は恋人の日 おすすめのプレゼントは?

「恋人の日」という記念日を聞いたことがあるだろうか?ブラジルでは、6月12日は恋人の日とされ、プレゼントを贈りあう風習がある。日本でもまだまだ知名度は低いものの、徐々に広まりつつあるイベントだ。

 

恋人や結婚にまつわる6月のイベントといえばジューンブライドが有名だが、それ以外にも記念日がある。恋人や大切な人へのプレゼントをしたり気持ちを伝えたりするきっかけにしてみてはいかがだろうか。

 

この記事では、恋人の日の由来と、おすすめのギフトについて紹介している。ぜひ最後までお読みいただき、恋人や大切な人、家族へのプレゼントを検討してみてほしい。

 

6月12日の記念日は恋人の日。その由来は?

恋人の日とは、1950年代にブラジルで始まった記念イベントだ。聖アントニオは雄弁で、「魚も聞き入るほど話が上手かった」という逸話が残っている。持ち前の雄弁さで愛について説き続けた聖アントニオは、死後もその人気は残り、ブラジルやポルトガルを中心とした地域で、女性の守護神で縁結びの神様とされている。

 

聖アントニオは1193年の6月13日に36歳という若さで惜しまれながら死去した。ブラジルでは彼の命日の前日である6月12日が恋人の日とされている。ブラジルのサンパウロ商業協会がキャンペーンを打ったのを機に、ブラジルの年中行事として定着した。

 

日本では全国額縁組合連合会が1988年よりPRをはじめ、知名度を広めている。

 

恋人の日と名付けられた6月12日には、恋人同士や夫婦でプレゼントを贈り合う。恋人に限定した記念日ではなく、家族や友人同士でもプレゼントをする。この機会に大切な人への贈り物を検討してみてはいかがだろうか。

 

 

恋人の日におすすめのギフト:フォトフレーム

ブラジルでは、恋人の日に恋人や家族、大切な人への贈り物として、フォトフレームを贈りあうのが一般的だ。フレームだけでなく、思い出の写真を入れて贈ることもある。自分の写真を入れて恋人同士で贈り合えば、「離れていても一緒」というメッセージを伝えることができ、ロマンチックだ。

 

忙しい毎日の中で、思い出をゆっくり振り返る機会が少なくなっているかもしれない。恋人の日にはフォトフレームと写真を贈り、大切な思い出を振り返ってみてもよいだろう。

 

写真がなければフレームに入れるための写真を一緒に撮りに行くのも良い思い出作りとなるだろう。写真撮影といえばスマートフォンで完結してしまう時代だが、あえて現像してフォトフレームに飾り、形に残してみてはいかがだろうか。

 

[フォトフレームご購入はこちらから]

 

 

恋人の日におすすめのギフト:ブーケ

恋人の日のギフトには季節の花を使ったブーケもおすすめだ。花はどんな人にも喜ばれるギフトで、プレゼントがなかなか決まらない時はブーケを選ぶと良いだろう。相手への想いを表現するような花言葉を選んでブーケにしてみてはいかがだろうか。

恋人の日のブーケにおすすめの花・花言葉

恋人の日のブーケにおすすめの花を紹介する。花言葉も一緒に紹介しているので、選ぶ時の参考にしてみてほしい。

  • バラ

花言葉:愛情、情熱

  • あじさい

花言葉:家族の団欒、ひたむきな愛

  • グラジオラス

花言葉:ひたむきな愛、情熱的な恋

  • ユリ

花言葉:純粋、無垢

  • ライラック

花言葉:思い出、友情

  • 芍薬

花言葉:はじらい、はにかみ

 

生花だと枯れてしまうのが惜しいという人には、プリザーブドフラワーや、ドライフラワーのスワッグやリースもおすすめだ。

 

[ドライフラワーご購入はこちらから]

 

 

恋人の日におすすめのギフト:手紙

日頃の感謝や相手を想う気持ちを込めて、手紙を贈るのもおすすめだ。ふだんは照れくさくて言えないようなことも、これを機に言葉にしてみてはいかがだろうか。

 

手紙だけ渡すのはどうしても気恥ずかしいという人は、フォトフレームやブーケと一緒に贈ることをおすすめする。短いメッセージでも手書きでカードにしたためてプレゼントに添えれば、充分に気持ちは伝わるだろう。

 

5月の恋人にまつわる記念日

6月の記念日、恋人の日を紹介したが、5月にも恋人にまつわる記念日がある。

 

5月23日の「キスの日」「ラブレターの日」だ。

 

「キスの日」「ラブレターの日」は日本で作られた記念日だ。1964年、日本で初めてキスシーンがある映画が公開された日にちなんで「キスの日」が作られた。また、浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』公開の日にちなんで「ラブ・レターの日」とされている。

 

韓国では5月14日は「ローズデー」とされ、恋人同士でバラを贈り合う。

 

 

大切な人との特別な1日を

 

恋人同士の記念日というとクリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーが定番だが、5月・6月にも恋人にちなんだ記念日がある。

 

6月12日の恋人の日は、恋人に限定せず大切な人に想いを伝え合う記念日だ。ふだん贈りものをしたり気持ちを伝えるきっかけがなくても、記念日をきっかけにすれば想いを形にしやすい。フォトフレームや花束の贈りものとともに、日頃の感謝や相手を想う気持ちを伝えてみてはいかがだろうか。

RECOMMEND ITEMオススメ商品

Bulb Vase

Bulb Vase

¥1,100
ドライフラワーのフォトフレーム Yellow (22cm×27cm)

ドライフラワーのフォトフレーム Yellow (22cm×27cm)

¥7,150
ドライスワッグ Dryandora

ドライスワッグ Dryandora

¥4,950
フラワーベース

フラワーベース

¥¥1,650
アイアンフープリース Ivory

アイアンフープリース Ivory

¥3,850
ドライスワッグ Natural

ドライスワッグ Natural

¥8,800
ドライフラワーのフォトフレーム (22cm×22cm)

ドライフラワーのフォトフレーム (22cm×22cm)

¥7,150
キャンドルホルダー (S)

キャンドルホルダー (S)

¥1,980

RECOMMENDあなたにオススメの記事

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

「ミモザの日」ってどんな日? 本記事では、イタリアとフランスで行われるミモザのイベントやミモザの花…

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

春に人気の花「ミモザ」。ミモザの日の由来、ミモザの木の育て方、ミモザリースの作り方、ミモザのイベント…

フラワーアーティスト直伝、上手にミモザリースを作る3つのコツ

フラワーアーティスト直伝、上手にミモザリースを作る3つのコツ

ミモザリースをどうしたら簡単に上手に作れるか知りたい方へ。うまく作るコツがあれば知りたい、簡単に作れ…

春のギフト、ミモザアカシアのインテリア-育て方も紹介

春のギフト、ミモザアカシアのインテリア-育て方も紹介

春を感じるインテリアギフトを探している方へ。 これから暖かな季節を迎えるにあたり、春らしい色合いを…

【2024Spring】ミモザのワークショップ

【2024Spring】ミモザのワークショップ

1.鮮やかなイエローに元気をもらおう!可憐で愛らしいミモザの季節がすぐそこに。 冬の終わりから初春…

CONTACT
PAGE TOP