Glanet collection|グラネットコレクション

2019年最新版-海外のお洒落なウェルカムボードアイディア20選
SPECIAL 2019.03.03

2019年最新版-海外のお洒落なウェルカムボードアイディア20選

海外のウェルカムボードの”お洒落な演出”が知りたいプレ花嫁さんへ。

本記事では、2019年最新トレンドのウェルカムボードについて、ランキング形式で解説。この記事を読めば、3分でウェルカムボードの流行を抑えることができる。海外の結婚式のお洒落なアイデアを真似して、ゲストが喜ぶ素敵なウェルカムボードを用意しよう。

 

◼️もくじ

・海外のウェルカムボードデザインはシンプル。

・最新のトレンド感を演出するなら、クリアなアクリルボード一択。

・シックでゴージャス、ゴールドフレームのミラー素材。

・LAやHawaiiの開放的な雰囲気を演出するなら、ナチュラルウッド素材で。

・定番のホワイトボードなら、伝統的な雰囲気に。

 

◼️海外のウェルカムボードデザインはシンプル。

日本での挙式や披露宴で使われるウェルカムボードのデザインは実に様々。
定番は新郎新婦を写真やイラストで描いたもの。まるで雑誌の1ページのようなモノトーン写真からデフォルメを加えたユニークな似顔絵まで、様々なパターンがある。では海外ではどうだろうか?

海外では、名前とメッセージをボードにレイアウトし、花やグリーンで装飾するものが定番。
シンプルなだけに、花やグリーンはもちろん、ボードの質や文字のフォント、レイアウトに細かく気を配りデザインとしての完成度を高めたものが多い。

今回はそんな海外のウェルカムボードのトレンドを、instagramの画像とともにランキング形式で紹介していく。

 

 

◼️1位 最新のトレンド感を演出するなら、クリアなアクリルボード一択。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jennifer Biancaさん(@jenniferbianca)がシェアした投稿

2019年のトレンド大本命素材は透明なアクリルボード。

海外のインスタグラムでは人気投稿の70%がアクリルボードを使用しているが、日本のインスタグラムではやっと最近少しずつ見られるようになってきた程度で、まだ数は多くない。海外では主流な素材なので、これから日本で流行するのは間違いない。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

White Pear Photographyさん(@whitepearphoto)がシェアした投稿

 

ではなぜアクリルボードは人気が高いのか。

理由としては、スタリッシュな見た目・素材としての手に入り安さ・加工のしやすさがあげられる.

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TINGE & FLOURISHさん(@tinge.flourish)がシェアした投稿

 

まずは、透明なボードならではの特徴として、透明なのでどんな環境に馴染む、という利点がある。置き方を工夫うすれば、周囲の風景の中に文字だけが浮かび上がる、という演出も可能。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Barbara | Toronto calligrapherさん(@theletteringstudio)がシェアした投稿

 

花や鉢のある景色の前に透明なボードをおけば景色が文字の背景となり、自然とおしゃれなボードに仕上がる。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝚂𝚑𝚎𝚕𝚕𝚎𝚢 𝙱𝚘𝚛𝚌𝚑𝚎𝚛𝚍𝚒𝚗𝚐さん(@scribble.and.script)がシェアした投稿

 

大きいサイズで作って床置きにしても圧迫感が出にくいのは透明のボードならでは。

アクリルは適度なしなりがあるので、大きく作っても割れにくい。保管や搬送時にガラスほど気を使う必要がないので気分的にも楽に用意できる。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

fox and hartさん(@foxandhart)がシェアした投稿

 

アクリル板の表面にポスターカラーなどで文字を書くことはもちろん、色を塗ることも可能。表面は凹凸がなく滑らかなので、手書きの文字もきちんと塗ればデコボコせず綺麗に仕上がる。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Handmade Wedding Decorさん(@adornmarket)がシェアした投稿

 

海外ではクリアなアクリルボードの裏側から、筆跡を残すように大胆に広い面積で色を塗り、表面から文字を書く、という加工も人気が高い。

この方法だとクリエイティブな雰囲気と洗練された雰囲気をちょうど良いバランスで表現できるからだ。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SIGNED BY BIRDさん(@signedbybird)がシェアした投稿

春から夏の暖かい時期の披露宴の場合、クリアな素材は見た目にも涼やか。手軽におしゃれな雰囲気を作れるので、オススメの素材だ。

 

 

◼️2位 シックでゴージャス、ゴールドフレームのミラー素材。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BLISSFUL BASHさん(@blissfulbashco)がシェアした投稿

もう一つのネクストトレンドは、ミラー素材。

まだ日本で鏡をウェルカムボードにしている人は少ないようだが、海外では等身大以上の大きさの鏡を用意し、ゲストの名前など文字をたくさん書き込むタイプはよく見られる。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hand lettering & designさん(@copperstoneco)がシェアした投稿

 

大きいミラーと並んで人気なのは、アンティーク調のゴージャスなゴールドのフレームがついたミラーに、シンプルな英語のメッセージを入れるタイプ。

シックで格調高い結婚式の演出にはぴったりのボードだ。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

White Ink Calligraphyさん(@whiteinkcalligraphy)がシェアした投稿

ミラータイプの面白いところは、鏡の特性上、書いた文字が映り込みで文字が少し浮き上がっているような演出が自然とできるところ。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Propped By Cassさん(@propped_bycass)がシェアした投稿

また、ボードを撮ろうとすると自分も写り込むという鏡の特性を生かして、インスタ映えのフォトスポットを作ることができる。写真を撮ってゲストに思い出づくりをしてもらう演出が簡単に完成する。

 

難点は、割れないように慎重に取り扱わなければいけないところ。自分たちで用意する場合は当日までの保管や当日の準備で細心の注意を払て取り扱おう。

 

 

◼️3位 LAやHawaiiの開放的な雰囲気を演出するなら、ナチュラルウッド素材で。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A r t h i fさん(@arthif)がシェアした投稿

気の置けない仲間といつもの雰囲気で楽しみたい、そんなパーティーにぴったりとハマるのがナチュラルウッド。木の温もりでゲストをホッとさせるリラックスした雰囲気を演出できる。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Amanda | Come Stay Awhileさん(@comestayawhile_)がシェアした投稿

 

ナチュラルなウッドはフレッシュグリーンと相性が抜群。ユーカリポポラスなどのおしゃれ感のあるグリーンとシンプルに組み合わせるだけでも、素敵なボードに仕上がる。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Estúdio Pinusさん(@estudiopinus)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Millies Custom Designsさん(@milliescustomdesigns)がシェアした投稿

 

鮮やかなで個性的な花と組み合わせてれば、南の島でのウェディングの雰囲気に。

 

 

 

◼️4位 定番のホワイトボードなら、伝統的な雰囲気に。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bridal Guide Magazineさん(@bridalguide)がシェアした投稿

 

安定的に人気の白のウェルカムボード。海外では黒い文字でフォントのレイアウトにとことんこだわるのがトレンド。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Denver Event Plannerさん(@kcidydesign)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SIGNED BY BIRDさん(@signedbybird)がシェアした投稿

添えるグリーンやお花はくすみカラーの花を混ぜてシンプルに構成するとトラディショナルな雰囲気を保った演出ができる。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

S A S S F L O W E Rさん(@sassflower)がシェアした投稿

 

◼️まとめ

・「クリアなアクリル素材」が2019年トレンドなウェルカムボード。

・透明だからどんな会場にも馴染みアレンジも自由自在。

・ミラーはゴージャスな雰囲気を演出できる。

・カジュアルに楽しむならナチュラルウッド素材。

・トラディショナルな雰囲気を大切にするなら白のボード。

 

お洒落なボードを用意したい、自分で手作りしてみたい。でもクォリティが心配、という方はワークショップで教わりながら作るのがおすすめ。材料を自分で用意する必要もなく効率よく作業ができ、思い出づくりもできる。

ウェルカムボードはゲストにとっても、式の雰囲気を知ったり、気持ちがグッと盛り上がる大事なポイント。

あなたも海外仕様のウェルカムボードでセンス良く「ようこそ!」の気持ちを表現してみよう。

 

→ウェルカムボードのワークショップをチェックする

RECOMMEND ITEMオススメ商品

オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 100cm(3feet)

オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 100cm(3feet)

¥15,000+tax
オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 120~150cmcm(4~5feet)

オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 120~150cmcm(4~5feet)

¥25,000 +tax
オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 150~180cm(5~6 feet)

オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 150~180cm(5~6 feet)

¥35,000+tax
オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 180∼210cm(6~7feet)

オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 180∼210cm(6~7feet)

¥45,000+tax
【希少】オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 210~240cm(7~8feet)

【希少】オレゴン産モミの木Oregon Abies Firma / 210~240cm(7~8feet)

¥60,000+tax
ボールバード(卓上ツリー)

ボールバード(卓上ツリー)

¥3500+tax
オーダーメイド 【インテリア・ハーバリウム】

オーダーメイド 【インテリア・ハーバリウム】

¥3,240+tax
ハーバリウムキット / 2set【インテリア・ハーバリウム】

ハーバリウムキット / 2set【インテリア・ハーバリウム】

¥3,750+tax

RECOMMENDあなたにオススメの記事

【ミモザ ワークショップ】リース&スワッグで春をお迎え/2020

【ミモザ ワークショップ】リース&スワッグで春をお迎え/2020

大人気。鮮やかなイエローに心躍るワークショップが2020年も開催。 1 ,2020年ミモザ ワ…

【ミモザワークショップ】春のカレイドフレームアレンジ/2020

【ミモザワークショップ】春のカレイドフレームアレンジ/2020

instagramで人気の #カレイドフレーム のワークショップを港区で開催。 春をロマンティック…

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

【春の花ミモザ】ミモザの日の由来,育て方,リースの作り方徹底解説

春に人気の花「ミモザ」。ミモザの日の由来、ミモザの木の育て方、ミモザリースの作り方、ミモザのイベント…

【スワッグとは?】ブーケ花束との違い&人気の秘密を解説

【スワッグとは?】ブーケ花束との違い&人気の秘密を解説

スワッグ、ブーケ、花束の違いを知りたい方へ。 ナチュラルなお部屋づくりには欠かせないインテリアアイ…

ミモザリース&スワッグ作ろう!東京都内でハンドメイド体験レポ

ミモザリース&スワッグ作ろう!東京都内でハンドメイド体験レポ

ミモザ リース・ミモザ スワッグを作ってみたい方向け。初心者でも簡単に作れる手作りリースワークショッ…

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

ミモザの日って?ミモザの花が愛される理由と花言葉も紹介

「ミモザの日」ってどんな日? 本記事では、イタリアとフランスで行われるミモザのイベントやミモザの花…

当日参加OK!大人気の針葉樹薫るXmasリース@港区芝公園

当日参加OK!大人気の針葉樹薫るXmasリース@港区芝公園

今年160席完売したXmasリースワークショップが、港区芝公園『東京クリスマスマーケット』にて開催!…

本物のクリスマスツリーが我が家にやってきた!【11/15までの特典付き】

本物のクリスマスツリーが我が家にやってきた!【11/15までの特典付き】

まだ、本物のもみの木に触れたことがない方へ。 家族の笑顔の中心は、一本のもみの…

CONTACT
PAGE TOP